Blog

かみ合わせが悪い

かみ合わせの悪さで色々な症状が起こります。

その中で意外と知られていないのが、歯周病です。

皆さんは歯石がたまったり、膿がたまったりして歯周病がおこると思っていませんか?

実際に歯周病は歯と歯茎に深い溝ができ、そこに菌が入り込んで引き起こされる病気です。

ひどい場合は腫れを起こします。

「歯と歯茎の間の深い溝」

これがなくなれば、歯周病にはなりません。

 

本題にもどりますが、かみ合わせが悪いとなぜ歯周病(歯槽膿漏)になってしまうのでしょうか?

これは、かみ合わせが悪い中の特に強く噛んでいる歯におこります。

 

強く噛むと、歯を支える歯周組織が広がるのです。

つまり、歯と歯茎の溝がどんどん広がってしまいます。

そこに、食べかすがたまり、細菌となり歯石となり歯周病へと進んで行くのです。

 

たかが、かみ合わせと思っている人。

自分は歯並びが良いから大丈夫だと思っている人。

歯並びとかみ合わせはあまり関係ありません。

 

皆さんも歯医者さんにいく機会があったらかみ合わせをみてもらうと良いでしょう。

0