Blog

喫煙者の歯のヤニ

喫煙者の多くは歯茎の色が黒っぽくなっています。

なぜでしょう?

 

タバコは血管収縮作用があります。

そして、歯肉の中には多数の毛細血管が存在します。

毛細血管には多数の白血球が存在し、タバコの血管収縮作用により、その数が減少するので黒っぽくみえるのです。

そして白血球が減るということは歯周病を悪化させます。

 

また、喫煙によって唾液の量が減少することで自浄作用が低下します。

そのため、メラニン色素が歯の表面のエナメル質に付着します。

 

このように喫煙は体に及ぼす影響の他、口腔内でも悪影響を及ぼします。

禁煙することが難しい方も、今は禁煙外来などもありますので禁煙を考えましょう。

0