Blog

妊娠と歯科治療

妊娠と歯周疾患、齲蝕は関連性があります。

市町村によっては安定期(一般的に5ヶ月から7ヶ月)に入ると無料で検診をうけることができます。

このときにある程度の治療を行っておく事をお勧めします。

 

保険医協会のパンフレットには歯周病と早産のリスク、また低体重児の出産を紹介しています。

その一文の中にこんなことが書かれています。

 

「重い歯周病にかかった母親は、早産や低体重児を産むリスクが高いことが報告されています。これは歯周病にかかった歯周組織が作り出す炎症性物質が血液中に入り込み、子宮の収縮に関係しているためだと考えられています。」

 

断定はできませんが、おそらく細菌感染によって粘膜から血液中に入り込むのではないかと思います。

まずは検査をして、歯茎の腫れがないかをチェックしてもらいましょう。

もし、歯石が付着しているようであれば除去してもらいましょう。

 

また、話は変わりますが、生まれた後も母親が子供に食事をあげる際、スプーンなどから歯周病菌はうつります。

子供の虫歯リスク、歯槽膿漏のリスクをあげてしまうのです。

 

定期的な受診をお勧めします。

0