Blog

歯が抜けてしまったときの対処法

歯を失った場合、入れ歯の装着をためらう方も多いと思います。

今、噛めるから大丈夫と思っていても、実際には歯が喪失してしまった場合1本1本にかかる負担は増します。

 

歯を失ったままにしておくと歯を支える骨(歯槽骨)が吸収をおこし入れ歯さえ入れられない状態になってしまうことがあります。

歯槽骨が安定していて、抜けている本数が少ない場合は残っている歯と歯をつなげ、Br(ブリッジ)というものを作る事ができます。

入れ歯とは違って、取り外しがない分違和感がありません。

保険外の場合はインプラントという方法もありますが、インプラントが植立する条件としては「骨の厚み」つまり「骨密度」が必要な量あるかどうかが重要です。

また、この骨密度に関してはインプラントを埋入したあともケアが必要です。

 

どんなに良い補綴物(入れ歯やブリッジ)でも最初の状態が決め手となってくることが多いです。

なので、歯が抜けた場合はなるべく早めに受診し治療を始める事が重要です。

 

0