Blog

歯内療法、抜髄とは

虫歯が進んでしまい、神経まで達してしまうと、ズキズキした痛みに変わります。

一般的に甘いものにしみるときは初期の虫歯であり、徐々に冷たいもの、神経に近づくと温かいものにしみるようになります。

温かいものにしみるようになると、ズキズキした感覚に近づくので、神経をとる治療をすることが多いです。これを抜髄といいます。

歯の内部の治療を繰り返し、何日かかけて行う治療です。

根っこが無菌状態になったら、あとは根をふさいで詰め物や被せ物を装着して終了です。

長引く方は半年から一年くらいかかります。

初期の虫歯、う蝕であれば一回か二回で終わります。

皆さんも少しでも痛みを感じたら歯医者さんに行きましょう!

0