Blog

歯磨きでインフルエンザが防げる

細菌とウイルスは別物ですが、口腔内の常在細菌がウイルスの増殖を助ける働きがあることが最近の研究で解ってきました。

インフルエンザはインフルエンザウイルスが体内に体内で入り込むことで「増殖」を起こし発症します。

「増殖」さえ起こさなければ感染→発症には至りません。

 

この「増殖」を助けるのが口腔内細菌(歯垢)です。

口腔内には唾液を中心とした良い成分も多く含まれています。

例えばアミラーゼは酵素ですが消化を助けます。

 

定期的に歯石を取っている方は取っていない方に比べると、風邪をひきやすいということも言われています。

細菌感染は口から始まるのです。

 

定期的な検診と歯石除去が必要です。

0