Blog

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)が歯科で使用されるようになったのは最近のことです。

治癒を早めたり、痛みを緩和する目的で使われる事が多いです。

また、小児歯科の際、シーラント(小窩裂溝の予防処置)にも用いられます。

 

歯牙を切削するような硬組織に対しての治療には不向きですが、軟組織(歯肉など)に対しては十分な効力を発揮します。

CO2レーザーの作用機序は(歯肉などに対する)いわゆる低温殺菌、消毒といった処置だと思います。

そして、一番の面は削る訳でもなく、傷をつけることもなく、とても安全です。

 

歯周病(歯槽膿漏)の処置にも用います。

個人差はありますが、改善効果が高いと感じます。

 

レーザーの登場で歯科の治療範囲が広がったのは事実です。

0