Blog

親知らずって抜いた方が良い?

「親知らずは抜いた方が良いのか?」

という疑問を抱いたことはありませんか?

まず、自分の親知らずがどういう状態なのかをレントゲンで確認しなければなりません。

通常、歯は真っ直ぐに生えます。それは歯の並ぶ骨のスペースに上手く入り込むことが出来るからです。

しかし、親知らず(智歯)はそのスペースに上手くおさまらないことがあります。

なぜか。

人類は本来は親知らずを含む32本の歯で生活をしてきました。

しかし、進化の途中から顎が小さくなり一番奥にある親知らずが入りきらなくなってしまったのです。

そして、現在では元々親知らずがない人も沢山います。

入りきらない親知らずは半分だけ歯茎からでていたり、横を向いて埋まってたり、収まりやすい位置に定着します。

この、収まりやすい位置がくせ者なのです。

智歯にとっては定位置でも、歯ブラシが届かなかったりして菌が繁殖し、虫歯や歯周病を起こしてしまうのです。

治しても治しても、歯ブラシが届かなかったら意味がありません。

ただ、親知らず専用のブラシなどを使えば防げる場合もあります。

親知らずが虫歯になると隣の歯に虫歯がうつることもあります。

心配な方は一度、ご自身の状態を確認されると良いと思います。

0