院長インタビュー

総合的な治療と訪問診療で、地元・市川市の人々を「健康」「笑顔」にする

患者さん一人ひとりに、最適な治療を提案するために

~市川市の行政施設や商業施設が集まる立地で開業された経緯・動機を教えてください。

市川市は千葉県でも都心に近い場所です。私は市川市で生まれ、この町で育ちました。子どもの頃からこの町には病院や歯科医院が多く、また小さなお子様からお年寄りまで幅広い年齢の方が暮らしています。このような地域でコミュニケーションをとりながら歯科医療に貢献できたらと思い、この地で開業しました。

笑顔の絶えない、雨宮新平 院長

笑顔の絶えない、雨宮新平 院長

~開業当初と比べて現在の患者さんのニーズの変化、診療傾向の変化を教えてください。

患者さんが求める治療を提供します

患者さんが求める治療を提供します

開業当初は痛みや失った歯等に対して、むし歯を削って治したり、入れ歯やかぶせ物を作ったりといった治療が多かったと思います。現在は治療後のケア(予防)を意識してくれる患者さんが増えたと思います。
技術も進歩しました。例えばむし歯の場合ですと、昔は早期発見、早期治療という医院が多かったのですが、現在は違います。本当に初期のむし歯は削らないで治すことが主流になりました。当院でも高濃度のフッ素を塗布したり、再石灰化が可能なエナメル質にできた小さなむし歯は削らずに経過観察します。
つまり予防の延長線上に最小限の治療をすることを心がけています。患者さんもセルフケアを心がけて、予防のために通ってくれる方が多くなりました。

~かかりつけ医や定期管理が歯科医院では常識になりつつありますが、患者さんのライフステージ(年齢リスク)に合わせた治療・予防をどのように実践されていますか?

小さなお子様の場合は成長に合わせた処置を行います。例えばグラグラして抜けそうな乳歯でしたら、多少むし歯になっていても充填処置を行わず、永久歯が生えてくるのを待ちます。また、歯並びも顎の成長を待ってから判断を行う必要があります。
高齢の方の場合は歯の根元が見えてしまい、その場所がむし歯になっていたり、またはむし歯なりかけている方が多い傾向があります。この場合は治療を行った後にも定期的にプラーク(歯垢)除去を行ったり、フッ素塗布を行い、再発を防止することが必要です。
若い方でもむし歯になるリスクによって治療後の予防は大切です。これは唾液の性質や歯並びによって個人差があります。
いずれにしても共通していえることは、患者さん一人ひとりに対して生活習慣も含めた長期の観察が重要ですね。以前から通われている患者さんは治療後のケア等、気を付けなければいけないことが歯科医師も患者さんもお互いに理解し合えています。

お子様に人気の絵本コーナー

お子様に人気の絵本コーナー

~歯科も全身との兼ね合いを要求される時代になりましたが、基礎疾患(高血圧症・高脂血症・糖尿病等)を抱えている患者さんへの診・診連携について教えてください。

基本は問診等で患者さんの全身状態を把握します。糖尿病等を患っている患者さんで抜歯等の観血的処置が必要な場合は、診療情報提供文書を病院とクリニックの間でやりとりを行い抜歯が可能か、投薬をどうするかを話あって決めます。一時的に薬の服用を止めてもらったり、逆に抜歯の数日前に抗生物質を投与したりする場合もあります。
また、最初から抜歯ができないような場合は、市川総合病院などへの紹介を行っております。インプラントでは術前のCT検査、場合によっては血液検査を市川総合病院で行っていただきます。これによって、より適確な施術を行うことが可能です。

患者さん、そのご家族も笑顔にする訪問診療

~貴医院で導入されているCO2レーザー(無痛治療)の特徴を教えてください。また痛みに敏感なお子様でも問題なく処置を受けることは可能でしょうか?

痛みの少ない優しい治療を提供するCO2レーザー

痛みの少ない優しい治療を提供する
CO2レーザー

CO2レーザーは歯茎の状態を改善したり、急な痛みをやわらげたり、予防処置の前処置として歯の殺菌を行うことに使います。その他には抜歯の止血、知覚過敏の改善、神経の治療にも有効です。
小さなお子様はもちろん、安全性の高さから妊婦さんでも問題なく使用できます。(ただし、心臓ペースメーカー等が入っている患者さんの治療では、ぺースメーカーの誤作動を引き起こす可能性がありますので使用いたしません。)

~貴医院はバリアフリー施設で高齢者や車いすの方へ配慮されておりますが、高齢者の方への口腔ケア、指導で気を付けていることはありますか?

高齢者の方は若い方に比べると筋力が低下しているため、飲み込む力(嚥下)が低下しています。そのため誤嚥性肺炎を引き起こしやすく、予防が必要です。
具体的には、歯石をとったりマウスウォッシュでの除菌を行います。また、義歯の汚れも肺炎を引き起こす原因となりますので、清掃指導を行います。舌苔もプラーク(歯垢)の塊ですので除去します。ご希望によりご家庭での介護ケアの際には、介助者の皆様にも指導を行っています。

安心・安全なバリアフリー設計

安心・安全なバリアフリー設計

~訪問歯科のやりがいや意義について教えてください。

訪問歯科用ポータブルユニット

訪問歯科用ポータブルユニット

もともと、私は高齢者を対象とした歯科医療の在り方を以前から考えていました。一般の方は医院に来られて、そこで治療をしていくというスタイルですが、訪問歯科のように在宅診療の場合は、診療する医療者側が患者さんのライフスタイル(環境)に合わせて治療を行わなければいけません。
また、治療内容は在宅も外来も変わらないのですが、訪問歯科の場合はケアマネージャー、ヘルパー、ご家族との連携が欠かせません。お口の中の痛みや不都合を伝えることが難しい患者さんもたくさんいます。そういった患者さんの日々の状態を把握している方とのチームプレーが大切だと思います。
そうした中で、患者さんやご家族から感謝の気持ちを言われた時に、訪問歯科をやっていて良かったなと実感します。

~患者さんとのコミュニケーションで心がけていることを教えてください。

患者さんの求めているものを尊重します。一つひとつ説明を行う際にも手鏡をもっていただき、今日これから始める治療内容を説明します。治療後も再度手鏡を持っていただき、治療した場所を確認してもらいます。今後の治療予定について、期間、回数等の説明も行っています。
また治療の選択肢もいくつか提案するようにしています。例えば抜歯以外の選択肢についてです。患者さんは可能な限り歯を残すことを希望すると思いますので、他の歯科医院ではむし歯が深いため抜歯だと言われても、残せる可能性がある場合は他の処置方法をお伝えします。

患者さんと一緒にレントゲン写真を確認する雨宮院長

患者さんと一緒にレントゲン写真を確認する雨宮院長

~貴院のスタッフ構成を教えてください。また、スタッフ教育・採用・マネージメントで気を付けていることがありましたら教えてください。

歯科医師2人、歯科衛生士2人、歯科助手4人です。人と人との繋がりが大切な仕事ですので、思いやりのある方を採用しています。また訪問歯科等では移動し機材を運びますので、ある程度体力のある方の方が良いと考えています。
また自分の考え方を持ち、責任を持って行動できる人。スタッフ間のコミュニケーションをきちんと図れる人を求めています

~メンテナンスの時にむし歯と歯周病以外にチェックしていることはございますか?

歯周病は咬合(噛み合わせ)の影響も受けています。歯周病の要因となる歯石は、強く噛み合わせが当たっている場所(歯に負担のかかる場所)に付着する傾向があります。それは強く噛む歯は、歯茎との間の溝が広がり易いため、その部分に歯石が付いてしまうからです。

~患者さんにメンテナンスを継続的に行ってもらうために、どのような工夫をされていますか?

ブラッシング指導をする歯科衛生士

ブラッシング指導をする歯科衛生士

治療が終了し一定期間が経過した患者さんへ、定期検診のリコール葉書をお送りしています。また、予防に関するセルフケア用品の無料サンプルをお配りし、メンテナンスの大切さを理解していただけるよう努めています。

~消毒、滅菌で設備費用を投下しているもの、もしくは気を付けていることを教えてください。

可能な限り使い捨てのものを使用しています。紙コップ、エプロンは全て使い捨てです。薬液消毒後オートクレーブ(高圧滅菌)を行っています。また、血液が付いたものはグルタールアルデヒド(B型肝炎、HIVも死滅)での滅菌処理を行っています。

「臨床に正解・不正解はなく、終わりもない」

~趣味、習慣等を教えてください。

読書や音楽鑑賞が好きですね。ピアノが好きで今でも時々弾いていますよ。1歳2カ月になる娘がいるので、休みの日は家族みんなでどこかに出かけたり、ゆっくりと過ごしています。

~歯科大での学びや勤務医時代での経験で、現在の臨床に活かしていることはございますか?

学生時代は様々な授業、テスト、そして国家試験がありました。そこには答えがあり正解、不正解がありました。基本的なベースはそこにあるのですが、勤務医時代に印象的だった上司の言葉があります。
「臨床に正解・不正解はなく、終わりもない」
自分の治療が結果になり、患者さんに評価される。そして治療や予防には終わりがないのだということに気付かされた一言でした。

患者さんとのエピソードを嬉しそうに語る雨宮院長

患者さんとのエピソードを嬉しそうに語る雨宮院長

~歯科医師になろうと思った動機を教えてください。

両親とも歯科医師ではありません。たまたま小さい頃に通っていた歯科医院の医師がとても優しく、その時に着ていた白衣が格好良く、憧れたのがきっかけです。そして高校生の時に「手に職をつけたいな」と思い、最初の浮かんだ職業でした。

~臨床現場で喜びを感じる時は、どのような時ですか?

患者さんから「ありがとう」という言葉をいただいた時です。自分の中で治療が一通り終了したと感じた時は達成感がありますが、同じような気持ちを患者さんと共有できたと思える時は本当に嬉しいですね。

~最後になりますが、貴院の今後の展望・展開を教えてください。

当院は市川市役所の目の前です

当院は市川市役所の目の前です

引き続き外来診療、訪問診療をともに行い、より地域に貢献できるような歯科医院を目指していきたいです。
お口のことで困ったことがあれば気軽に相談することができる。そんなアットホームな医院を目指していきたいと思っています。